更新日:2021-05-26

フラッシュ書き込み用新規 J-Flashプロジェクトを作成します


1ページにまとめて表示

Productionモードの設定:

ターゲットボードへの電力共有、書き込みタイムアウト時間、S/N番号、スタンドアロン・モード等の設定を行います。

Production Tab

Target Power Supply

ターゲットボードへの電源出力を設定します。選択可能な電源出力モード:None / VCC5V / VTGT

J-Link/Flasher本体からターゲットボードへの電源供給が不要の場合は、デフォルト設定の「None」を選択してください。

VCC5V

Target-VCC5TJ-Link/Flasher本体の19番ピン経由でターゲットボードに5V電源を出力します。ターゲットボードに電源を入れてからJTAG/SWD通信をスタートするまでの待ち時間(単位:ms)を「Delay before start」項目に設定します。
※「Discharge target on disconnect」オプションはFlasher ATEモデルのみ有効です。

VTGT

Target-VTGTVTGTはFlasher ATEモデル用電源出力オプションです。他のFlasherモデル又はJ-Linkモデルの場合は、VTGTオプションを選択しても「VCC5V」は設定されます。


Reference voltage settings

Target-VTREF

ターゲット側の電源(JTAGコネクタおVTref信号)のレベルモニターの設定を行います。VTref信号の値が「VTref min.」項目の設定値より下がった又は「max」設定値より上がった場合はエラーを表示します。


Program serial number

生産ラインでのターゲット基板ごとのシリアルID番号の設定が出来ます。

SerialNumber

「Program serial number」オプションにチェックを入れて以下の項目を設定します。

項目名説明
Addressシリアル番号を保存する先のアドレス値を指定します。
Lenシリアル番号のデータサイズ(バイト数)を設定します。
Next SN次のシリアル番号の値を示します。S/Nリストファイルが作成されている場合は、「Next SN」項目はS/Nリストファイル内の行番号を示します。
Incrementシリアル番号のインクリメント数を設定します。

Actions performed by "Production Programming"

「Target → Production Programming」コマンドの詳しい内容を設定します。Production Programmingコマンドは以下の順で処理されます。
Erase(Sector又はChipErase) → Program → Verify → Start application → Disconnect

Auto Command

デフォルト設定では、Erase、Program及びVerifyコマンドは実行され、Start application、Disconnectコマンドは無効に設定されています。必要により、Productionモードの設定をカスタマイズしてください。

項目名説明
Eraseモード設定により、フラッシュERASEコマンドを実行します。
  • Selected Sectors:アプリケーションデータイメージに関わる領域のフラッシュセクターのデータを全て消します。
  • Chip:アプリケーションデータイメージに関わる領域に関係なく、フラッシュ領域の全てのセクターのデータを消します。セクターごとにデータが全て消されるので操作時間は長くなります。
Programアプリケーションプログラムのデータをフラッシュに書き込みます。
Verifyフラッシュデータの比較(ベリファイ)を行います。
Start applicationベリファイ後に書き込んだプログラムを起動します。
  • via SFR access:マイコンデバイスのリセット・電源管理モジュールのSFRレジスタを設定してアプリケーションを起動します。
  • via reset pin:JTAGリセット信号を設定してアプリケーションを起動します。
Disconnect afterwards書き込み後にデバッグポートインターフェースを切断します。

Override timeouts

Erase、Program、Verifyコマンドのデバイスレスポンスの待ち時間(単位:ミリ秒)を設定します。

SerialNumber

Performance設定:

Performance

「Perform blank check」を有効に設定した場合は、セクター・Chip ERASEコマンドの前に既にデータが消されているセクターを除く残りのセクターだけを消します。本ページの設定は「Target → Production Programming」と「Target → Manual Programming」コマンドの時に有効です。

Verifyモード設定

  • via CRC:フラッシュメモリデータのCRCを計算して、アプリケーションプログラムのCRC結果と比較して確認を行います。CRCベースのデータ確認の場合は、各データではなくCRC結果のみパソコン側のJ-Flashに渡されます。CRCベースのデータ確認の場合は、Verifyサイクルを短くすることが出来ます。
  • via readback:フラッシュメモリのデータを読み出し、アプリケーションプログラムのデータと比較して確認を行います。

グローバル設定:

J-Flashメニューバーの「Options→Global settings..」で開く「Global setting」ダイログにてその他のグローバル設定を行います。

Global Settings

Save Project files on close

有効に設定した場合はJ-Flashプログラムをクローズする時に操作中のJ-Flashプロジェクトを保存します。

Logging

  • Enable J-Link logfile:チックを入れてJ-Link通信のログ情報を保存するファイル(*.log)を指定します。
  • Enable J-Flash logfile:チックを入れてJ-Flashプログラムのログ情報を保存するファイル(*.log)を指定します。

ログファイルのデフォルトパスは「C:\Program Files\SEGGER\Flasher_Vxxx」となりますので、パスをローカルフォルダに変更又は J-Flashプログラムをマウス右クリックメニューから「管理者として実行」オプションで起動してログ作成をお試しください。


前の質問

J-Flash ツールのコマンドライン操作方法

次の質問

Flasher本体のTCP/IPネットワーク設定方法