更新日:2021-05-26

フラッシュ書き込み用新規 J-Flashプロジェクトを作成します


J-Flashツールを起動してほぼデフォルトのプロジェクト設定のままマイコン内蔵フラッシュへの書き込みが可能です。多くのマイコン内蔵フラッシュに対応しましたJ-Flashツールは無償で提供しております。

事前準備・ツール設定:

J-FlashツールはFlasher ソフトウェアパッケージに含まれています。事前にFlasher ソフトウェアをインストールしてください。

Flasherソフトウェアのダウンロード及びインストール手順


実行手順(マルチステップ):

1ページにまとめて表示
  1. J-Link/Flasher本体をパソコンに接続(USBポート)して、J-Flashツールを起動します。
    J-Flashツールを起動してマイコンデバイスの設定

  2. J-Link/Flasher本体との接続、ターゲットボードのデバッグポートインターフェースの設定を行います。
    ターゲットI/F用プロジェクト設定手順詳細

  3. マイコンデバイスとフラッシュメモリ依存の初期設定を行います。
    マイコンデバイス関連のプロジェクト設定

  4. フラッシュメモリ書き込み領域の有無、書き込み操作関連の設定を行います。
    フラッシュメモリ関連のプロジェクト設定

  5. J-Flashツールのログ情報作成等の設定を確認します。
    その他一般のプロジェクト設定

  6. J-Flashプロジェクトをローカルフォルダに保存します。
    プロジェクトを保存

  7. J-Flashプロンプトから書き込み→Verifyを実行します。
    フラッシュ書き込みコマンド実行の手順詳細

  8. J-Flashプログラムのメニューバーの各コマンド:
    J-Flashツールのメニューコマンド一覧


前の質問

J-Flash ツールのコマンドライン操作方法

次の質問

Flasher本体のTCP/IPネットワーク設定方法