更新日:2023-06-05

複数イメージを一つのデータファイルとして保存します


J-Flashツールの「File→Merge data file..」コマンドで複数イメージ(ブートローダ、アプリケーション、データイメージなど)ファイルを1つのデータファイルにマージ可能です。

複数イメージプロジェクト

ターゲットフラッシュに書き込む複数イメージデータ(例:ブートローダ、アプリケーション、FPGA初期設定など)ファイルを一つのデータファイルにマージして1回の書き込みで済ませることも可能です。

事例として以下の3つのイメージデータを1つのファイルにマージする手順で説明します。

  • ブートローダープログラム(Bootloader.bin)
  • アプリケーション(MainProgram.hex)
  • 初期設定のデータ(InitData.mot)

J-Flashツールを起動

J-Flashツールを起動して、「File→Open data file..」コマンドでブートローダーデータファイル(Bootloader.bin)ファイルを開きます。

Load Bootloader

アプリケーションファイルをマージ

「File→Merge data file..」コマンドでアプリケーションデータファイル(MainProgram.hex)ファイルを開きます。
※バイナリ式(*.bin)データファイルの場合はアドレス指定ダイアログからイメージ配置アドレスを設定します。

初期設定のデータファイルをマージ

続けて、「File→Merge data file..」コマンドでアプリケーションデータファイル(InitData.mot)ファイルを開きます。
※バイナリ式(*.bin)データファイルの場合はアドレス指定ダイアログからイメージ配置アドレスを設定します。

データファイルを保存

「File→Save data file as..」コマンドでマージされましたイメージファイルを別名のMOT・HEX・SREC式ファイル(例:FinalData.mot)として保存します。

新しいデータファイル(例:FinalData.mot)を使用してJ-Flashプロジェクトから1回の「Target→Production Programming」コマンドでブートローダー、アプリケーション及び初期設定データのフラッシュ書込みができます。

前の質問

ファームウエアの自動更新を無効に設定する方法

次の質問

ターゲットフラッシュのデータを読み出して保存します