更新日:2021-02-17

質問:J-Linkモデルの比較・機能の違いを知りたい


数多くの統合開発環境に対応する「J-Link」シリーズデバッグプローブは、汎用性の高いデバッグツールで世界各国で組込みエンジニアより支持されています。


比較点:利用目的

モデル:J-Link EDU / J-Link LITE
それぞれ、ライセンス条件で許可される利用目的を限定しています。
「J-Link LITE」は添付された評価ボードの評価利用のみ利用許諾
「J-Link EDU/Mini」は教育機関における学術利用、非営利目的の個人での趣味利用商用開発利用はできません。
モデル:J-Link BASE / BASE Compact / PLUS / PLUS Compact / ULTRA+ / PRO、J-Trace PRO Cortex-M、J-Trace PRO Cortex
商用製品開発、量産品の開発で利用可能

比較点:本体サイズ

モデル:J-Link EDU / BASE / PLUS / ULTRA+ / PRO
外形寸法(W x D x H):100mm x 53mm x 27mm(ケーブルを除く)
モデル:J-Link BASE Compact、J-Link PLUS Compact
外形寸法(W x D x H):47mm x 40mm x 14mm(ケーブルを除く)
モデル:J-Trace PRO Cortex-M、J-Trace PRO Cortex
外形寸法(W x D x H):123mm x 68mm x 30mm(ケーブルを除く)

比較点:製品パッケージ内容

モデル:J-Link EDU / BASE / PLUS / ULTRA+
パッケージ内容:J-Link本体、20-pinリボンケーブル(フルピッチ)、USBケーブル
モデル:J-Link PRO
パッケージ内容:J-Link PRO本体、20-pinリボンケーブル(フルピッチ)、USBケーブル、Ethernetケーブル
モデル:J-Link BASE Compact、J-Link PLUS Compact
パッケージ内容:J-Link Compact本体、20-pinリボンケーブル(フルピッチ)、Micro USBケーブル
モデル:J-Trace PRO Cortex-M、J-Trace PRO Cortex
パッケージ内容:J-Trace PRO本体、20-pinトレースケーブル(ハーフピッチ)、20-pinリボンケーブル(フルピッチ)、Cortex-M トレースリファレンスボード、USB 3.0ケーブル、Mini USBケーブル、Ethernetケーブル

比較点:インターフェース

モデル:J-Link EDU / BASE / PLUS / ULTRA+
デバッグポートI/F:JTAG/SWD/cJTAG/FINE/ICSP 20-pinコネクタ(フルピッチ)
PCインターフェース:USB 2.0 (Hi-Speed)コネクタ
モデル:J-Link PRO
デバッグポートI/F:JTAG/SWD/cJTAG/FINE/ICSP 20-pinコネクタ(フルピッチ)
PCインターフェース:USB 2.0 (Hi-Speed)コネクタ、Ethernet(100 Mbit/s)
モデル:J-Link BASE Compact、J-Link PLUS Compact
デバッグポートI/F:JTAG/SWD/cJTAG/FINE/ICSP 20-pinコネクタ(フルピッチ)
PCインターフェース:USB 2.0 (Hi-Speed) Micro USBコネクタ
モデル:J-Trace PRO Cortex-M、J-Trace PRO Cortex
デバッグポートI/F:JTAG/SWD/cJTAG 20-pinコネクタ(フルピッチ)、JTAG/SWD ETMトレース用19-pinコネクタ(ハーフピッチ)
PCインターフェース:USB 3.0 (SuperSpeed)コネクタ、Ethernet(1 Gbit/s)

比較点:対応CPU・コア

モデル:J-Link EDU / BASE / BASE Compact / PLUS / PLUS Compact / ULTRA+ / PRO
対応CPU: ARM7/9/11、Cortex-A5、Cortex-A7、Cortex-A8、Cortex-A9、Cortex-A12、Cortex-A15、Cortex-A17、Cortex-A53、Cortex-A72、Cortex-M0+、Cortex-M1、Cortex-M3、Cortex-M4、Cortex-M7、Cortex-M23、Cortex-M33、Cortex-R4、Cortex-R5、Cortex-R8、SC000 (M0 secure)、SC300 (M3 secure)、Microchip PIC32MX、Microchip PIC32MZ、Renesas RX、RV32、RV64、EFM8
モデル:J-Trace PRO Cortex-M
対応CPU: Cortex-M0+、Cortex-M1、Cortex-M3、Cortex-M4、Cortex-M7、Cortex-M23、Cortex-M33、SC000 (M0 secure)、SC300 (M3 secure)
モデル:J-Trace PRO Cortex
対応CPU: Cortex-A5、Cortex-A7、Cortex-A8、Cortex-A9、Cortex-A12、Cortex-A15、Cortex-A17、Cortex-M0+、Cortex-M1、Cortex-M3、Cortex-M4、Cortex-M7、Cortex-M23、Cortex-M33、Cortex-R4、Cortex-R5、Cortex-R8、SC000 (M0 secure)、SC300 (M3 secure)

J-Link対応のマイコンデバイス一覧はこちらでご確認ください。


比較点:機能ライセンス(本体に登録済み)

モデル:J-Link EDU
ソフトウェア機能: GDB Server、対応IDEからFlashダウンロード、RTT(Real-Time Transfer)、SystemView、Flash Breakpoints(無制限)、OZONEデバッガ
モデル:J-Link BASE / BASE Compact
ソフトウェア機能: GDB Server、対応IDEからFlashダウンロード、RTT(Real-Time Transfer)、SystemView
モデル:J-Link PLUS / PLUS Compact / ULTRA+ / PRO、 J-Trace PRO Cortex-M、 J-Trace PRO Cortex
ソフトウェア機能: GDB Server、対応IDEからFlashダウンロード、RTT(Real-Time Transfer)、SystemView、Flash Breakpoints(無制限)、OZONEデバッガ、J-Flashフラッシュ書き込み、SPIフラッシュライター(J-Flash SPI)

比較点:ハードウェア機能

モデル:J-Link EDU / BASE / BASE Compact / PLUS / PLUS Compact
ターゲットインターフェース速度(最大): 15 MHz
SWO速度(最大): 30 MHz
SPIインターフェース速度(最大): 12 MHz
RAMダウンロード速度(最大): 1 MBytes/sec
ターゲット入力電圧範囲: 1.2V … 5V
RAMモニタサンプリング制限: 1 kHz
トレース機能: ETB
モデル:J-Link ULTRA+ / PRO
ターゲットインターフェース速度(最大): 50 MHz
SWO速度(最大): 100 MHz
SPIインターフェース速度(最大): 50 MHz
RAMダウンロード速度(最大): 3 MBytes/sec
ターゲット入力電圧範囲: 1.2V … 5V
RAMモニタサンプリング制限: 無制限
トレース機能: ETB
モデル:J-Trace PRO Cortex-M、 J-Trace PRO Cortex
ターゲットインターフェース速度(最大): 50 MHz
SWO速度(最大): 100 MHz
SPIインターフェース速度(最大): 50 MHz
RAMダウンロード速度(最大): 3 MBytes/sec
ターゲット入力電圧範囲: 1.2V … 5V
RAMモニタサンプリング制限: 無制限
トレース機能: ETB、ETM(Streaming Trace + Live Analysis)

製品タグ:

J-Link EDU
J-Link BASE
J-Link BASE Compact
J-Link PLUS
J-Link PLUS Compact
J-Link ULTRA+
J-Link PRO
J-Trace PRO Cortex-M
J-Trace PRO Cortex
前の質問

J-Link / J-Trace モデルの選び方を教えてください

次の質問

S-JLINK-XXX型番とMB-JLINK-XXX型番製品の違いは?