更新日:2022-01-06

質問:J-Flashツールが使用するCRCチェックサムの計算方法は?


J-Flashツールは、チェックサム計算は「CRC32-CCITT」式を使用します。(CRC32-CCITT polynomial:0xEDB88320)


J-FlashツールでのCRCチェックサムの計算は:

  • 初期チェックサム値は「0x00000000」を使用します。
  • 多項式は「0xEDB88320」を使用します。
  • J-Flashプロジェクトで選択されているセクタアドレス空間のデータ(書込み有効にしているフラッシュ領域対象のデータ)に対してCRCチェックサムを計算します。
  • 書き込み対象アプリケーションデータイメージの未定データ及び未使用アドレス空間のデータは「0xFF」として計算します。

【参考情報】J-FlashツールのCRCチェックサム方法について:

https://wiki.segger.com/UM08003_JFlash#CRC_calculation

https://wiki.segger.com/CRC

前の質問

Flasher本体・付属ケーブルのサイズ情報を知りたい。

次の質問

Linux/Mac OS環境でフラッシュ書き込みはできますか?