S-JLINK-PLUS:69600円(税別)、J-Link PLUS: J-Linkシリーズの標準的なモデル。コンパクトモデルあり。数多くの統合開発環境・IDEに対応するJTAG/SWDエミュレータ・デバッグプローブ「J-Link」は世界各国で組込みエンジニアより支持されています。年間サポート費用はありません。

ARM・Cortex・RX・RISC-V用
デバッグプローブ:標準モデル

jlink

J-Link PLUS

ご購入前にご確認ください:

本体の仕様:

Host OSサポート
  • Microsoft Windows 2000、Microsoft Windows XP、Microsoft Windows XP x64、Microsoft Windows 2003、Microsoft Windows 2003 x64、Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows Vista x64、Microsoft Windows 7、Microsoft Windows 7 x64、Microsoft Windows 8、Microsoft Windows 8 x64、Microsoft Windows 10、Microsoft Windows 10 x64
  • Linux
  • Mac OSX 10.5以降
電磁適合性(EMC)EN 55022、EN 55024
RoHSRoHS対応(鉛フリー)
動作周囲温度+5℃ … +60℃
保存温度-20℃ … +65℃
相対湿度(結露なし)<90% rH
外形寸法(W x D x H)100mm x 53mm x 27mm(ケーブルを除く)
Compact版: 47mm x 40mm x 14mm(ケーブルを除く)
重量(ケーブルを除く)70g (Compact版: 20g)
USBインターフェースUSB 2.0、Full-Speedモード<
デバッグインタフェースJTAG/SWD 20-pin (変換ケーブルサポートあり)
消費電流USB ポートより供給(最大50mA まで、ターゲットボードへの電源供給は300mA まで)
ターゲット入力電圧範囲(VIF1.2V … 5V
ターゲット電圧範囲4.5V … 5V
VTref信号から使用する電力<25μA
ターゲットに供給される電力最大 300mA まで
リセットタイプOpen drain(PULL-DOWN 又はTRI-STATE 可能)
リセットロー・レベル出力電圧(VOLVOL<= 10% of VIF
ターゲットインターフェース最大クロック15 MHz まで
SWO 最大サンプリングクロック30 MHz まで
データ入力立ち上がり時間(TrdiTrdi<= 20ns
データ入力立ち下がり時間(TfdiTfdi<= 20ns
データ出力立ち上がり時間(TrdoTrdo<= 10ns
データ出力立ち下がり時間(TfdoTfdo<= 10ns
クロック立ち上がり時間(TrcTrc<= 3ns
クロック立ち下がり時間(TfcTfc<= 3ns
※ J-Linkハードウエアバージョン8 以降の仕様

J-Link PLUSの特長:

  • ターゲットI/Fクロック:最大15MHz
    SWOサンプリングク速度:最大7.5MHz
    RAMダウンロード速度:最大 1MBytes/second
  • フラッシュメモリ上のハードウエアブレークポイント数の制限に関わらず、無制限にフラッシュブレークポイント設定“Unlimited Flash Breakpoints”が可能。
    Flash Breakpoints「Flash-BP」機能について:通常は内蔵フラッシュにロードしたコードのステップ実行やデバッグ操作にはH/Wブレークポイントが使用されますが、5~6個以上の設定は使用できません。Flash-BP機能を使用する場合は、フラッシュにも関わらずRAMと同様にソフトウエアブレークポイントの設定(無制限)が可能です。
  • フラッシュ書込専用ツール(J-Flash / J-Flash SPI)無償提供
    マイコン内蔵、マイコン経由だけでなく、SPI バスに接続して直接SPI フラッシュメモリに書き込み可能な「J-Flash SPI」も併せて提供。
  • J-Link デバッグツール(OZONE)無償提供
    GNU コンパイラやIAR EWARM、Keil MDK コンパイラから生成されたデバッグ情報含むELF オブジェクトを使ってデバッグができる無償提供ツールとなります。J-Link シリーズをより手軽にデバッガツールとして利用可能となります。
    Ozoneデバッガについて

J-Linkファミリーの特長: