SEGGER 社が開発したRTOS「embOS」は非常に小さなフットプリントで組込製品に必要なリアルタイムOS 機能を提供します。様々なマイコン、開発環境に対応。数多く のBSP やサンプルプロジェクトを用意しています。ライセンス方式もロイヤリティフリーのユーザライセンス・開発プロジェクトライセンスとニーズに合わせて柔軟な選択肢を用意しております。

embOS-Safe RTOS
機能安全認証

機能一覧に戻る

embOS-Safe:機能安全認証対応OS

RTOSは、安全性を重視したアプリケーションで最も重要なコンポーネントです。

「embOS-Safe」は、「TÜVSüd Germany」よりIEC 61508 SIL3 およびIEC 62304 Class C 認証を取得しています。IEC 61508 は機能安全の基準となる認証であり、異なる分野の複数の派生規格、車載機器向けのISO 26262 などに準拠した機能安全認証も比較的容易に行うことが可能です。

embOS-safeを利用する事により、安全性が重要なコードを分離し、他のタスクと干渉することなく動作出来るようにする事が可能です。これにより、アプリケーションの機能安全対応をより簡素に行う事が出来ます。

embOS-safeは、産業・医療・自動車・家電などの安全分野向けに設計されています。

embos-safe
embos-safe1

IEC60508 SIL3 / IEC62304 Class C

TÜVSüd Germany より発行された機能安全証明書が添付されます。

embos-safe2

embOS 機能安全マニュアル・認証キット

embOS 機能安全マニュアルを含むすべての必要書類が含まれています。

通常embOSと共通化

embOSとAPIは共通化されていますので、embOS用に開発されたプロジェクトをそのままリユースができます。

機能一覧に戻る