• emUSBD

emUSB-Device 対応クラスドライバ

VirtualMSD Class

msd

USB Device VirtualMSD Class

製品型番:MB-EMUSBD-CL-VMSD

VirtualMSDコンポーネントを使用すると、USBデバイスとの間でファイルを簡単に転送できます。
USBデバイスがホストに接続されると、専用のストレージメモリを必要とせずに、 ファイルの読み取りまたはアプリケーションへの書き込みが可能になります。

emUSB-Device VirtualMSDクラスの特徴:

ホスト側で追加のソフトウェアやドライバーを必要とせずに、さまざまなタイプのアプリケーションや目的に使用できます。VirtualMSDソフトウェアは、ホストによって実行される操作を分析し、これを組み込みターゲットのアプリケーション層に渡します。このプロセスを初期化するために必要なのは、単純なドラッグアンドドロップだけです。これは、独自のアクティブファイルテクノロジによってサポートされています。

ファイルアクセスについて:

デバイスに保存されているファイルとディレクトリには、Windowsエクスプローラーを使用して通常の方法でアクセスできます。

vmsd fileaccess

VirtualMSDをファームウェアアップデーターとして使用する:

ファームウェアイメージをVirtualMSDストレージデバイスにドラッグアンドドロップするだけで、ターゲットデバイスのファームウェアを更新できます。MSDはどのオペレーティングシステムでもサポートされているため、サードパーティのドライバーやツールをインストールしなくても機能します。

vmsd filecopy

適用事例:

スマートウォッチ、J-Link OB(オンボードJ-Link)

virtualmsd example
必要なコンポーネント
  • emUSB-Device BASE
  • emUSB-Device MSD
  • emUSB-Device VirtualMSD
  • emUSB-Device Target Driver
  • RTOS(embOSの場合は移植作業は不要)

評価サンプル

emPower VirtualMSD Device デモサンプル

  1. PC側にEmbedded Studioプロジェクトを起動しデフォルトのデモアプリケーションをビルドしてemPowerボードにダウンロードします。
  2. emPowerボードのHS-USBコネクタをPCに接続します。
  3. 任意のファイルをVirtualMSDボリュームにコピーします。デバイスは自動的に再接続します。
  4. コピーされたファイルのCRC32を含むボリュームに CRC.txt という名前のファイルが表示されます。

emPower評価ボード用サンプルダウンロード

emPower評価ボードについて
emPower evb