• emUSBD

emUSB-Device 対応クラスドライバ

CDC-NCM Class

CDC-NCM

USB Device CDC-NCM Class

製品型番:MB-EMUSBD-CL-CDCNCM

USBデバイスを仮想ネットワークアダプターとして機能させることができます。これは、USB経由でTCP / IPベースのアプリケーションを実行するために使用できます。

emUSB-Device CDC-NCMクラスの特徴:

  • Linux, macOSではドライバ不要
  • すべてのUSBデバイスでIPプロトコルを利用
  • 組込機器に最適なコンパクト設計

システム要求:「emNet」ネットワークスタックが必要になります。

CDC-NCM(Communication Device Class / Network Control Model protocol)クラスは、USB.orgコンソーシアムによって定義された標準のUSBクラスプロトコルです。実際のIP通信を処理するには、USBデバイス側にemNetのようなTCP / IPスタックが必要です。利用可能なIPプロトコル(UDP、TCP、FTP、HTTPなど)を使用してデータを交換できます。

Linuxカーネルバージョン2.6.38以上、macOS は、CDC-NCMを完全にサポートしています。Windows環境の場合は、CDC-NCMのドライバが必要です。

emUSBデバイスCDC-NCMは、他のインターフェイス(バルク、CDC、MSD、MTP、HID)と組み合わせて問題なく使用できます。

120MHzで動作する一般的なCortex-Mでは、高速USB接続を使用すると、約 5MiB/sの転送速度を実現できます。

適用事例:

USBネットワーク変換アダプタ、ルーター/ゲートウェイ

CDC-NCM class example
必要なコンポーネント
  • emUSB-Device CDC-NCM
  • emUSB-Device BASE
  • emUSB-Device Target Driver
  • emNet TCP/IP Network Stack