• emUSBD

emUSB-Device 対応クラスドライバ

IP-over-USB Class

IP-over-USB

USB Device IP-over-USB Class

製品型番:MB-EMUSBD-CL-IP

emUSB-Device IP-over-USBアドオンを使用すると、開発者はUSB経由でIPベースプロトコルを簡単に実行できます。Webブラウザーを使用し、USBデバイスの状態表示設定変更などが可能です。

emUSB-Device IP-over-USBクラスの特徴:

  • 各クロスプラットフォーム、Linux, Windows, macOSではドライバ不要
  • すべてのUSBデバイスでIPプロトコルを利用

システム要求:「embOS」RTOSと「emNet」ネットワークスタックが必要になります。

IP-over-USBテクノロジとWEBサーバを組合せ、ターゲット機器に組込む事により、WEBブラウザにデバイス名を入力するだけで、Windows、MacOS、LinuxのホストPCからデバイスにアクセスが出来ます。デフォルトのデバイス名は「usb.local」となっています。シリアル番号を付与することが可能で、複数のデバイス名を割り当てることも可能です。

IP-over-USBを利用することで、デバイスの使いやすさが向上し、製品価値を高め、生産コストを改善

お客様機器から機器操作に係わる部品(ディスプレイパネル・LCD表示・ボタン)を削減、生産コストを大幅に改善できます。また操作方法も組込機器からWEBブラウザ表示することで、マニュアルも削減可能です。

IP-Over-USb blocks and samples

WebUSB対応

Google社で開発された標準WebUSBをサポートします。emUSB-Device-Bulkコンポーネントにより実装実現します。ウェブブラウザから、JavaScriptを介して、機器の操作を行うことができます。

必要なコンポーネント
  • emUSB-Device IP-over-USB
  • emUSB-Device BASE
  • emUSB-Device Target Driver
  • embOS RTOS
  • emNet TCP/IP Network Stack

評価サンプル

emPower evb

emPower emUSB-Device IP-over-USBデモサンプル

  1. PC側にEmbedded Studioプロジェクトを起動しデフォルトのデモアプリケーションをビルドしてemPowerボードにダウンロードします。
  2. emPowerボードのHS-USBコネクタをPCに接続します。
  3. PC側のWEBブラウザから「http://usb.local」を開いてemPowerのWEBサーバーのデモ用ページ内容を確認します。

emPower評価ボード用サンプルダウンロード

emPower評価ボードについて