S-JLINK-EDU:6600円(税別)、J-Link EDU:学生、大学、NPO向けの教育用J-Linkモデル。数多くの統合開発環境に対応するJTAG/SWDエミュレータ・デバッグプローブ「J-Link」は世界各国で組込みエンジニアより支持されています。組込開発に一般的に使用されている各種のIDEをサポートしています。

ARM・Cortex・RX用デバッグプローブ
学生、大学向けのモデル

J-Link EDU

「J-Link EDU」は学生、大学、NPO向けの教育用J-Linkモデルで、製品開発には使用出来ません。製品開発の場合は、別のJ-Linkモデル(J-Link BASE、J-Link PLUS等)をご検討お願いいたします。

ご購入前にご確認ください:

JTAGモードのコネクタ仕様(20PIN)、接続事例:

SWDモードのコネクタ仕様(20PIN)、接続事例:

本体の仕様:

Host OSサポート
  • Microsoft Windows 2000、Microsoft Windows XP、Microsoft Windows XP x64、Microsoft Windows 2003、Microsoft Windows 2003 x64、Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows Vista x64、Microsoft Windows 7、Microsoft Windows 7 x64、Microsoft Windows 8、Microsoft Windows 8 x64、Microsoft Windows 10、Microsoft Windows 10 x64
  • Linux
  • Mac OSX 10.5以降
電磁適合性(EMC)EN 55022、EN 55024
RoHSRoHS対応(鉛フリー)
動作周囲温度+5℃ … +60℃
保存温度-20℃ … +65℃
相対湿度(結露なし)<90% rH
外形寸法(W x D x H)100mm x 53mm x 27mm(ケーブルを除く)
重量(ケーブルを除く)70g
USBインターフェースUSB 2.0、Full-Speedモード
デバッグインタフェースJTAG/SWD 20-pin (変換ケーブルサポートあり)
消費電流USB ポートより供給(最大50mA まで、ターゲットボードへの電源供給は300mA まで)
ターゲット入力電圧範囲(VIF)1.2V … 5V
ターゲット電圧範囲4.5V … 5V
VTref信号から使用する電力<25μA
ターゲットに供給される電力最大 300mA まで
リセットタイプOpen drain(PULL-DOWN 又はTRI-STATE 可能)
リセットロー・レベル出力電圧(VOL)VOL <= 10% of VIF
SWO 最大サンプリングクロック30 MHz まで
データ入力立ち上がり時間(Trdi)Trdi <= 20ns
データ入力立ち下がり時間(Tfdi)Tfdi <= 20ns
データ出力立ち上がり時間(Trdo)Trdo <= 10ns
データ出力立ち下がり時間(Tfdo)Tfdo <= 10ns
クロック立ち上がり時間(Trc)Trc <= 3ns
クロック立ち下がり時間(Tfc)Tfc <= 3ns
※ J-Linkハードウエアバージョン8 以降の仕様

J-Link EDUの特長:

  • ターゲットI/Fクロック:最大15MHz
    SWOサンプリングク速度:最大30MHz
    RAMダウンロード速度:最大 1MBytes/second
  • フラッシュメモリ上のハードウエアブレークポイント数の制限に関わらず、無制限にフラッシュブレークポイント設定“Unlimited Flash Breakpoints”が可能。
    Flash Breakpoints「Flash-BP」機能について:通常は内蔵フラッシュにロードしたコードのステップ実行やデバッグ操作にはH/Wブレークポイントが使用されますが、5~6個以上の設定は使用できません。Flash-BP機能を使用する場合は、フラッシュにも関わらずRAMと同様にソフトウエアブレークポイントの設定(無制限)が可能です。

J-Linkファミリーの特長: