emModbus

産業機器向けの
Modbus プロトコルモジュール

  • 基本パッケージのソースコード(Modbus TCP + Modbus RTU + Modbus ASCII)
  • Windowsパソコン用テストプログラム(EXEバイナリ)
  • デモサンプル
  • 評価ボード用サンプル
  • テンプレート(ドライバ、コンフィグレーション設定、OSインターフェース用)
  • ユーザーマニュアル(英文)
  • 日本語版ユーザーマニュアル(※エンビテックサポートパッケージ内容)
ユーザー・マニュアル(英文)PDF

製品はソースコード提供となります。量産に係わるロイヤリティは発生しません。

対応ライセンス・モデル

ライセンスモデルの詳細・選び方

組込みシステム・Windows/Linuxシステムに汎用的に利用可能なModbusプロトコル製品
Cソースコード提供で、ローエンドのマイコンから、x86 CPUまで幅広く利用頂く事ができます。

「emModbus」は産業用ネットワークModBus のマスター用プロトコル、スレーブ用プロトコル機能提供します。シリアル通信(ASCII / RTU)、イーサネット通信(TCP/IP)をサポートしています。特定のハードウェア・実装環境、ソフトウェア開発環境の依存性はありませんので、現在ご利用中の環境を変えることなく、利用頂くことができます。

1つのライセンスで「Modbus TCP + Modbus RTU + Modbus ASCII」はすべて使用可能です。

RTU

オリジナルModbus 通信方式。バイナリデータは、RS-232または類似したシリアル接続を介して送信されます。

RTUメッセージフレーム:

RTU
ASCII

RTUと同様。バイナリの代わりに、データがASCIIでエンコードされています。
ASCIIメッセージフレーム:

ASCII
TCP

バイナリデータは、TCPフレームとしてイーサネットなどのネットワーク接続を介して送信されます。
Modbus/UDP の場合は、TCPの代わりにUDPフレームが使用されています。
Modbus/TCPメッセージフレーム:

TCP

対応ファンクションコード一覧

emModbusでは、以下のファンクションコードに対応します。ユーザ指定で拡張することも可能です。

Function Code概要
1コイルの読み取り
2ディスクリート入力の読み取り
3HOLDレジスタの読み取り
4入力レジスタの読み取り
5コイルの書き込み
6レジスタの書き込み
8Diagnosisファンクション(Subcode:00)
15複数コイルの書き込み
16複数レジスタの書き込み
ユーザー指定ユーザーコールバックハンドラーで処理します。

コンパクトな実装サイズ

ROMRAM
emModbus Master2.5 Kbyte30 Byte + 300 Byte(チャンネル)
emModbus Slave3.0 Kbyte30 Byte + 300 Byte(チャンネル)

※ご利用の環境(コンパイラ・CPU)により、要件は異なる場合がございます。

製品パッケージ

emModbus Master
マスターAPI(ASCII、RTU、Modbus / TCPのサンプルを含む)
ASCIIフレームカプセル
RTUフレームカプセル
Modbus / TCPフレームカプセル(Modbus / UDPもサポート)
OSカーネル移植レイヤー(Windows / OSレス / embOSのサンプルを含む)
Windows用Modbusマスターアプリケーション(バイナリ)
Windows用Modbusマスターアプリケーション(ソース)
Windows用Modbusスレーブアプリケーション(バイナリ)
emModbus Slave
スレーブAPI(ASCII、RTU、Modbus / TCPのサンプルを含む)
ASCIIフレームカプセル
RTUフレームカプセル
Modbus / TCPフレームカプセル(Modbus / UDPもサポート)
OSカーネル移植レイヤー(Windows / OSレス / embOSのサンプルを含む)
Windows用Modbusマスターアプリケーション(バイナリ)
Windows用Modbusスレーブアプリケーション(ソース)
Windows用Modbusスレーブアプリケーション(バイナリ)