柔軟なライセンス体系をニーズに合わせて選択可能。ロイヤリティー費用、量産ライセンス費用及び数量制限は有りません。少量多品種のお客様から、大量生産品の製品まで幅広く利用することが可能です。RTOS および non-RTOS 環境でも動作可能な多彩なソフトウェアコンポーネント、組込機器の様々なリスクから守るオリジナルセキュリティソリューションも用意。エンビテックは、正規日本代理店としてSEGGER社のハードウエア(デバッガ・書込みツール)及びソフトウェア製品のライセンス販売・サポート、ソフトウエア製品の移植、ドライバ開発等のサービスを提供しています。

SEGGERソフトウエアライセンスモデルの詳細・選び方

柔軟なライセンス体系をニーズに合わせて選択可能

ロイヤリティー費用、量産ライセンス費用及び数量制限は有りません

ライセンスモデルの比較

ライセンスモデル提供コード対象製品開発者人数CPU/コンパイラ
SingleProductプロダクトライセンス

ソース

オブジェクト

一つの製品無制限1 CPU
1 コンパイラ
ProductFamilyプロダクトファミリーライセンス

ソース

製品シリーズ無制限1 CPU
1 コンパイラ
Userユーザーライセンス

ソース

オブジェクト

無制限1 名1 CPUファミリー
1 コンパイラ
UserUnlimitedユーザーライセンス(開発環境制限無し)

ソース

無制限1 名無制限
CpuCPUライセンス

ソース

オブジェクト

無制限無制限1 CPUファミリー
1 コンパイラ
BuyoutBuyoutライセンス

ソース

無制限無制限無制限
OemOEMライセンス

ソース

オブジェクト

一つの製品 OEM無制限1 CPU
1 コンパイラ

※1: オブジェクトライセンスはembOSのみの提供となります。
※2: ユーザライセンス(限定なし)はembOSのみ提供はありません。

プロダクトライセンス
Single Product License:

シングルプロダクトライセンスの場合は、複数の開発者で一つの製品の開発が可能です。
CPU、開発環境(コンパイラ)及び販売予定の製品名(ブランド名)をライセンス契約書にご指定いただく必要がございます。

こんなニーズに応えます:

品種展開が少ない場合

開発者様が多い大規模プロジェクトの場合

利用制限:

  • ターゲットCPUは1つのみ(事前指定)
  • 開発環境(コンパイラ)は1つのみ(事前指定)
  • 開発現場は日本国内のみ
  • ソフトウエア製品のオブジェクト又はソース式の再配布は出来ません

以下の場合は、追加のプロダクトライセンス購入が必要です:

  • 同じ製品名でハードウエアが別のCPU又は開発環境に変更される場合
  • 同じハードウエアで製品をバージョンアップして別の製品名で販売される場合
  • 同じプロジェクトの製品を複数のブランド名で販売される場合

追加プロダクトライセンスは割引価格で提供

事例:

「J-Link BASE」、 「J-Link EDU」は同じCPU及び開発環境で開発されますが、販売製品名が異なりますので、別々の「プロダクトライセンス」が必要です。

ライセンス契約書

種類:SP-SCL/SP-OCL → Single Product Source/Object Code License

ライセンス契約書ダウンロード

プロダクトファミリーライセンス
Product Family License:

プロダクトファミリーライセンス(PF-SCL)の場合は、複数の開発者で同じ仕様の複数製品(シリーズ製品)の開発が可能です。CPU、開発環境(コンパイラ)及び販売予定の製品名(ブランド名)をライセンス契約書にご指定いただく必要がございます。
同じプロジェクトの製品を複数のブランド名で販売される場合は、プロダクトファミリーライセンスが必要です。

こんなニーズに応えます:

シリーズ展開される製品開発の場合

開発者様が多い大規模プロジェクトの場合

利用制限:

  • ターゲットCPUは1つのみ(事前指定)
  • 開発環境(コンパイラ)は1つのみ(事前指定)
  • 開発現場は日本国内のみ
  • ソフトウエア製品のオブジェクト又はソース式の再配布は出来ません

以下の場合は、追加のプロダクトファミリーライセンス購入が必要です:

  • 製品の仕様を大きく変更された場合
  • 同じシリーズの製品が別のCPU又は開発環境で開発される場合

追加プロダクトファミリーライセンスは割引価格で提供

事例:

J-Linkデバッガシリーズは以下のモデル名で販売されております。
① J-Link BASE ② J-Link PLUS ③ J-Link PRO
モデル①~③は内部ハードウエア、仕様、プログラムは一緒ですが、使用条件が異なっております。この場合、上記のモデル①~③は別々の製品ですが、ハードウエア、仕様及び使用方法は同じですので、一つの「プロダクトファミリー」となります。Flasher ARM、Flasher Portableは別の 「プロダクトファミリー」となります。

ライセンス契約書

種類:PF-SCL/PF-OCL → Product Family Source/Object Code License

ライセンス契約書ダウンロード

ユーザーライセンス
Single Developer Single Platform License:

ユーザーライセンスの場合は、一人の開発者で複数製品の開発が可能です。
CPUファミリー及び開発環境(コンパイラ)をライセンス契約書にご指定いただく必要がございます。

こんなニーズに応えます:

一人の開発者様が複数プロジェクトに関わる開発品種によって利用するマイコンが変わる小規模開発プロジェクトの場合

利用制限:

  • ターゲットCPUファミリーは1つのみ(事前指定)
  • 開発環境(コンパイラ)は1つのみ(事前指定)
  • 開発者様が一人のみ
  • ソフトウエア製品のオブジェクト又はソース式の再配布は出来ません

以下の場合は、追加のユーザーライセンス購入が必要です:

  • 他の開発者が加わった場合
  • 別のCPUファミリー又は開発環境でSEGGERソフトウエアを使用する場合

追加ユーザーライセンスは割引価格で提供

ライセンス契約書

種類:SSL/SOL → Single Developer Source/Object Code License

ライセンス契約書ダウンロード

ユーザーライセンス(開発環境制限無し)
Single Developer Multiple Platform License:

ユーザーライセンス(限定なし)は一人の開発者で複数製品の開発が可能です。
CPUファミリー及び開発環境の制限はありません。
ハイエンドからローエンドまで様々な用途で利用することが可能です。

こんなニーズに応えます:

一人の開発者様が複数プロジェクトに関わる開発品種によって利用するマイコン・開発環境が変わる小規模開発プロジェクトの場合

利用制限:

  • 開発者様が一人のみ
  • ソースコードライセンスのみ(オブジェクトコードライセンスはありません)
  • ユーザライセンス(限定なし)はembOSのみ提供はありません
  • ソフトウエア製品のオブジェクト又はソース式の再配布は出来ません

以下の場合は、追加のユーザーライセンス購入が必要です:

  • 他の開発者が加わった場合

追加ユーザーライセンスは割引価格で提供

ライセンス契約書

種類:SSL → Single Developer Source Code License

ライセンス契約書ダウンロード

CPUライセンス:

CPUライセンスは指定CPUファミリー及び開発環境で、複数の開発者で異なるブランド名の複数製品の開発が可能です。
CPUファミリー及び開発環境をライセンス契約書にご指定頂く必要がございます。

こんなニーズに応えます:

同一CPUファミリーで複数の開発プロジェクトを展開される場合

利用制限:

  • ターゲットCPUファミリーは1つのみ(事前指定)
  • 開発環境(コンパイラ)は1つのみ(事前指定)
  • 開発現場は日本国内のみ
  • ソフトウエア製品のオブジェクト又はソース式の再配布は出来ません

以下の場合は、追加のCPUライセンス購入が必要です:

  • 別のCPUファミリー又は開発環境で開発される場合

Buyoutライセンスにアップグレード可能

ライセンス契約書

種類:CPU-SCL/CPU-OCL → CPU Source/Object Code License

ライセンス契約書ダウンロード

Buyoutライセンス:

バイアウトライセンスは開発製品、開発者ユーザ数など無制限に利用可能となるライセンス方式です。CPUや開発環境の指定も必要ありません。

こんなニーズに応えます:

標準的なソフトウェアコンポーネントとして活用される場合

ソフトウェア資産を開発プロジェクト横断で有効活用される場合

利用制限:

  • ソフトウエア製品のオブジェクト又はソース式の再配布は出来ません

OEMライセンス:

OEMライセンスは御社で開発したソフトウェア、ハードウェアを再販される場合に、SEGGER製品のオブジェクトコードを御社のお客様に提供可能となるライセンスとなります。ライセンス契約者様には、ソースコードライセンス(CPU・開発環境固定)を提供。御社のお客様に対してもオブジェクトコードライセンスを提供。
お客様のニーズに合わせてライセンス条件のカスタム対応可能です。