Flasherとは、生産ラインでスタンドアロンモード(パソコン側のプログラム起動は不要)で、内蔵又は外付けのフラッシュメモリに書き込むツールです。Ethernetインターフェースでリモートでもフラッシュプログラミングがトリガ可能です。Flasher内蔵メモリに実行イメージファイルをコピーしておけば、JTAG経由でボタンひとつでフラッシュ書き込みが可能です。エンビテックは、正規日本代理店としてSEGGER社のハードウエア(デバッガ・書込みツール)及びソフトウェア製品のライセンス販売・サポート、ソフトウエア製品の移植、ドライバ開発等のサービスを提供しています。

ARM・Cortex・RX用フラッシュ書込みツール

Flasher Portable PLUS

  • Flasher Portable PLUS本体
  • 20-pinリボンケーブル(フルピッチ)
  • USBケーブル

機能ライセンス(本体に登録済み)

  • GDB Server
  • J-Flash、J-Flash SPI
Flasher用ソフトウエア・ドライバUniversal Flash Loader Configuratorユーザー・マニュアル(英文)日本語版マニュアル(MB-型番製品のユーザー様向け)
  • 電気雑音の多い環境でFlasher製品をご使用になる場合は、 JTAG/SWDアイソレーター及びUSBアイソレーターで外部のノイズを遮断してください。
  • USBアイソレーターがご使用されていない場合は、USBホスト(パソコン側)及びUSBハブに電源を入れてからFlasherのUSBケーブルを接続してください。
  • JTAG/USBケーブルは出来るだけ短いケーブルをご使用ください。
  • Flasher経由でターゲットボードに電源入力されていない場合は、FlasherのUSB接続を切断する前に、ターゲット側の電源入力を切って下さい。
  • FlasherのUSBケーブル接続を切断する前に、必ずターゲット側の電源入力を切って下さい。
  • ターゲットボードに電源を入れる前にJTAGケーブルのVDD、GND及びJTAG/SWD信号が正しく接続されていることをご確認下さい。
  • Flasher経由でターゲットに最大400mAまでの電源入力が可能ですが、ターゲットボードが400mA以上の電源が必要な場合は、ターゲット用の電源入力を別途ご用意下さい。
  • 複数の機器の接続などでグランド(GND)信号がループ状になっている環境では過電流によりFlasher本体が壊れてしまう可能性がありますので、必ずグランドループ状態になっていないことをご確認下さい。

出荷までの流れ:

  • メール又はお問い合わせフォームからご依頼をいただきましたらお見積書を発行いたします。
  • 個人様又は事前入金の場合は請求書を発行いたします。
  • ご購入の際、ご注文書の発行をお願いいたします。お客様規定注文書式がない場合は、弊社規定注文書フォーマットをお送りいたしますのでご連絡ください。
  • ご注文書を受けましたら(個人様又は事前入金の場合はお支払確認後に)商品を出荷いたします。

納期:通常1~3営業日以内に出荷(在庫切れの場合は要相談)

お支払い方法:銀行口座振り込み

ご注文の前に:

  • マイコンやフラッシュデバイス、開発環境への対応状況を必ず事前にご確認ください。
  • エンドユーザー様のボードとのJTAG/SWDコネクタのPIN仕様をご確認ください。
  • エンドユーザー様のボードのJTAG/SWDコネクタの種類によりましてオプション製品の変換アダプタケーブルが必要な場合もございますので、ご確認ください。
  • 正式受注後の変更・キャンセルはお受けできません。そのため、事前にご注文内容を再度ご確認の上、お手続きをお願いいたします。
2017/10/18
SESSEGGER Embedded Studioツールを「V3.30」にバージョンアップしました。
emUSBHemUSB-Host製品を「V2.00b」にバージョンアップしました。
2017/09/22
Flasher新デバイス対応(J-Flashツール):

TI:

TMS570LS11xx、TMS570LS12xx、TMS570LS0714、TMS570LS0914

NXP:

iMX6SXシリーズ

SiFive:

ARTYボード

Flasher Portable(従来モデル)

商品のパッケージ内容:

  • Flasher Portable本体
  • 20-pinリボンケーブル(フルピッチ)
  • USBケーブル
  • 単4電池(3個)

機能ライセンス(本体に登録済み)

  • GDB Server
  • J-Flash、J-Flash SPI
Flasher用ソフトウエア・ドライバユーザー・マニュアル(英文)

日本語版マニュアル(要ユーザー登録)

ご購入前にご確認ください:

JTAGモードのコネクタ仕様(20PIN)、接続事例:

SWDモードのコネクタ仕様(20PIN)、接続事例:

SPIライターモード「J-Flash SPIツール」のコネクタ仕様(20PIN):

本体の仕様:

Host OSサポートMicrosoft Windows 2000、Microsoft Windows XP、Microsoft Windows XP x64、Microsoft Windows 2003、Microsoft Windows 2003 x64、Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows Vista x64、Microsoft Windows 7、Microsoft Windows 7 x64、Microsoft Windows 8、Microsoft Windows 8 x64、Microsoft Windows 10、Microsoft Windows 10 x64
RoHSRoHS対応(鉛フリー)
動作周囲温度+5℃ … +60℃
+5℃ … +45℃(充電の時:Flasher Portable PLUS)
保存温度-20℃ … +45℃
相対湿度(結露なし)<90% rH
外形寸法(W x D x H)Flasher Portable PLUS:126mm x 70mm x 28mm(ケーブルを除く)
Flasher Portable:130mm x 65mm x 25mm
重量(ケーブルを除く)Flasher Portable PLUS:140g
Flasher Portable:120g(電池を除く)
USBインターフェースUSB 2.0、Full-Speedモード
デバッグインタフェースJTAG/SWD 20-pin (変換ケーブルサポートあり)
消費電流電池又はUSB ポートより供給(最大100mA まで、ターゲットボードへの電源供給は500mA まで)
内蔵電池Flasher Portable PLUS:Sony US14500VR リチウム電池(充電式)
Flasher Portable:標準 単4電池(3個)
ターゲット入力電圧範囲(VIF1.2V … 5V
ターゲット電圧範囲4.5V
ターゲットに供給される電力最大 400mA まで
リセットタイプOpen drain(PULL-DOWN 又はTRI-STATE 可能)
リセットロー・レベル出力電圧(VOLVOL<= 10% of VIF
ターゲットとのデータ通信速度最大 15MHz まで
データ入力立ち上がり時間(TrdiTrdi<= 20ns
データ入力立ち下がり時間(TfdiTfdi<= 20ns
データ出力立ち上がり時間(TrdoTrdo<= 10ns
データ出力立ち下がり時間(TfdoTfdo<= 10ns
クロック立ち上がり時間(TrcTrc<= 10ns
クロック立ち下がり時間(TfcTfc<= 10ns

内蔵リチウム電池について:

  • USB経由で充電(最大5V/1A)
    充電時間は使用するUSBハブ・ウォールアダプタによって異なります。最大1Aの充電電流に到達した場合、充電切れしたFlasher Portable PLUS V2は70分以内で完全に充電されます。
  • リチウムイオン電池の警告
    Flasher Portable PLUSには取り外し不可能なリチウムイオン電池が含まれています。 バッテリーはリサイクル又は適切に処分する必要があります。バッテリーのリサイクル又は処分に関する情報については、各地域のごみ管理事務所にお問い合わせください。
  • 安全及び取扱い注意事項
    火気又は5℃〜60℃(通常動作時)及び5℃〜45℃(バッテリー充電時)除く動作温度にはさらさないでください。充電には5V DCのUSBウォールアダプタ又はUSBハブのみを使用してください。

Flasher Portable PLUSの特長:

  • 現在、様々なメーカーの5200種類以上のマイコンデバイスに対応。最新デバイスに対応したドライバソフトウエアはいつでも

    無償

    で提供
  • ラーニングコスト(年間ソフトウエアアップグレード・更新費用):

    0円

  • フラッシュ書込専用ツール(J-Flash / J-Flash SPI)無償提供
    マイコン内蔵、マイコン経由だけでなく、SPI バスに接続して直接SPI フラッシュメモリに書き込み可能な「J-Flash SPI」も併せて提供
    マイコン限定のライセンスではなく、1つのツールですべてのデバイスに対応
  • Renesas RL78マイコンにも対応
    「Flasher Portable PLUS」は、ARMコアのRZ/Synergy/R-INマイコン、RXマイコンに加えて

    RL78ファミリー

    マイコンもフラッシュ書き込み可能です。RL78デバイスファミリーマイコンのシリアルプログラミングインターフェースに対応した「Universal Flash Loader Configurator」ツールはいつでも無償で

    ダウンロード

    可能です。

    対応RL78デバイス:RL78/G11、RL78/G12、RL78/G13、RL78/G14、RL78/I1A、RL78/F12、RL78/F13、RL78/D1A、RL78/G1A、RL78/G1E、RL78/G1C、RL78/I1B、RL78/F14、RL78/L12、RL78/L13、RL78/G10、RL78/L1C、RL78/F15、RL78/I1D、RL78/G1F、RL78/I1E、RL78/G1G、RL78/G1H、RL78/L1A、RL78/G1D(1000デバイス以上)

  • 実行ファイル形式:HEX、MOT、SREC、BIN
  • 内蔵128MBディスクで複数イメージファイルを保存、USB-MSDディスクとしてパソコンに接続可能
  • 生産ラインでのスタンドアローン操作モード(パソコン側のプログラム起動は不要)をサポート。※一部のデバイスはスタンドアロンモードに対応していませんので、事前にデバイス対応をご確認ください。
  • 充電式内蔵バッテリーでフィールドでのサービスツールとしても利用可能
  • 1回のバッテリー充電でフラッシュ書込み時間は10時間まで
  • Flasher本体のディスクに最大8つまでのイメージは保存可能
  • 本体上の液晶パネルでイメージ選択、書き込みステータス、結果表示は分かりやすい
  • バッチ(Batch)プログラミングをサポート(1つの操作で複数イメージを書き込む)
  • パッチファイルサポート(指定空間のみ更新)
  • ターゲット装置にシリアル番号(ID)の設定が可能
  • セキュア書込機能

    で大切なイメージデータを保護
  • 書込回数の制限設定可能(社外の生産ラインにおける

    不正操作を防止

  • 独自の

    自動認識機能

    でQSPIフラッシュ及びCFI式NORフラッシュのパラメータ・型番設定は不要
    (プロジェクト立ち上げは楽)
  • フラッシュ書込み速度:30~300KBytes/Sec
  • JTAG 19 番ピンよりターゲットへ4.5V 電源供給可能
  • ターゲットインターフェース:JTAG、SWD
  • コマンドライン操作可能ですので、別のパソコンアプリケーションから実行可能
  • 複数のFlasher本体をパソコンに接続し、並列に複数のターゲットをプログラミング可能
  • 標準J-Linkと互換可能※FlasherはJ-Linkとして使用可能ですが、SWOはサポートしていません。

アイソレータ類:

製品名型番(エンビテック)説明
J-Link JTAG IsolatorMB-ADP-ISOJJTAGコネクタ側の外部ノイズ(電気雑音)を遮断してJ-Linkを守ります
J-Link SWD IsolatorMB-ADP-ISOSSWDコネクタ側の外部ノイズ(電気雑音)を遮断してJ-Linkを守ります
J-Link USB IsolatorMB-ADP-ISOVパソコン側USBポートからの外部ノイズ(電気雑音)を遮断してJ-Linkを守ります。グランドループ防止にも活用可能

変換アダプタ類:

製品名型番(エンビテック)説明
J-Link 19-pin Cortex-M AdapterMB-ADP-CM-1920-PINハーフピッチ(1.27mm)コネクタ用変換アダプタ
J-Link 9-pin Cortex-M AdapterMB-ADP-CM-910-PINハーフピッチ(1.27mm)コネクタ用変換アダプタ
J-Link ARM-14 AdapterMB-ADP-ARMB-1414-PIN ARMコネクタ用変換アダプタ
J-Link 6-pin Needle AdapterMB-ADP-N-66-PIN SWDコネクタ用変換アダプタ
J-Link 10-pin Needle AdapterMB-ADP-N-1010-PIN JTAG/SWDコネクタ用変換アダプタ
J-Link RX FINE AdapterMB-ADP-RX-FINERX用14-PIN FINEコネクタ用変換アダプタ
J-Link RX AdapterMB-ADP-RXRX用14-PIN JTAG/FINEコネクタ用変換アダプタ
J-Link Target Supply AdapterMB-ADP-TSJ-Linkからターゲットボードに供給する電源は調整可能(3.6V~0.8V)
J-Link Mictor 38 AdapterMB-ADP-MIC-3838-PIN Mictorコネクタ用変換アダプタ
J-Link 2mm AdapterMB-ADP-2MM20-PIN 2mmピッチコネクタ用変換アダプタ
J-Link Signal Smoothing AdapterMB-ADP-SSMJTAG信号を平滑化します
J-Link Measurement+Patch AdapterMB-ADP-MPPテスト及びモニター用変換アダプタ
J-Link Supply AdapterMB-ADP-SUPターゲットボードからVTref信号は不要になります
J-Link Altera AdapterMB-ADP-ALT10-PIN Alteraコネクタ用変換アダプタ
J-Link TI-CTI-20 AdapterMB-ADP-TI-2020-PIN TIコネクタ用変換アダプタ
J-Link Microchip AdapterMB-ADP-MCPIC32用6-PIN コネクタ用変換アダプタ
J-Link 14-pin TI AdapterMB-ADP-TI-1414-PIN TIコネクタ用変換アダプタ
J-Link SiLabs C2 AdapterMB-ADP-SIL10-PIN SiLabs C2コネクタ用変換アダプタ
J-Link Xilinx AdapterMB-ADP-XIL14-PIN Xilinxコネクタ用変換アダプタ

機能比較1

Flasher ARM
Flasher Secure
Flasher STM8
Flasher PRO
Flasher PortableFlasher Portable PLUS
USBインターフェース
RS232インターフェース
LANインターフェース
液晶パネル表示
遠隔操作
外部トリガー信号で書き込み
複数実行ファイルサポート無制限最大4つまで最大8つまで
イメージ切り替え可能モードJ-Flashツール
RS232・LANコンソール
本体から

(スタンドアロンモード)

本体から

(スタンドアロンモード)

電源入力USBポートUSBポート
単4電池(3個)
USBポート
内蔵リチウム電池(充電式)
本体上のLEDReady/O.K.
Not Ready/Fail
ACTIVE
PASS/FAIL
1/2/3/4
POWER
LO BAT
液晶パネル表示
本体上のボタンStart/StopProgram
Select Image
Power on/off
Program
Select Image
Power on/off
サポート
サポートなし

機能比較2

Flasher ARMFlasher Secure
Flasher PRO
Flasher Portable
Flasher Portable PLUS
Flasher STM8
対象ターゲットARM、CortexARM、Cortex、Renesas RXSTM8
ターゲット側のコネクタJTAG・SWD 20-PinJTAG・SWD・FINE 20-PinSWIM 10-Pin/4-Pin
セキュアフラッシング機能
サポート
サポートなし